2010年04月22日

<転落>2階の手すり崩落、生徒2人けが…茨城の高校(毎日新聞)

 19日午後1時ごろ、茨城県高萩市高萩の県立高萩高校=生田目正直(まさなお)校長=の校舎2階ベランダにあるコンクリート製手すり(高さ1.1メートル)が崩落し、3年の男子生徒2人=いずれも17歳=が約4.6メートル下の地面に転落した。県警高萩署によると、1人は左かかとを骨折する重傷で、もう1人は頭を打ったが、意識ははっきりしているという。

 高萩署によると、事故当時は昼休み中で、男子生徒数人がベランダで遊んでいた。生徒らが手すり付近にもたれた際、支柱に支えられていた手すり部分のコンクリートが幅1.5メートルにわたって外れ、崩落したとみられる。

 県教育委員会によると、校舎は74年に建てられたが、手すりを改修したことはなかった。09年10〜12月の定期点検では、ひび割れなどの問題は見つからなかったという。県教委や同校は19日からベランダ部分への生徒の立ち入りを禁止し、原因を調査する。【原田啓之、杣谷健太】

<参院選>タレントの岡部まり氏 出馬会見へ 大阪選挙区(毎日新聞)
若年パーキンソン、仕組み解明=小器官の「不良品」蓄積−都臨床研など(時事通信)
閣僚の政局発言 官房長官が批判(産経新聞)
将棋 羽生リード広げるか、三浦反撃なるか…名人戦第2局(毎日新聞)
自民・小池氏も離党表明=参院選公認で県連と対立(時事通信)
posted by スギザキ モトハル at 18:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

<名誉棄損>報道発表被害 原告の訴え一部認める…松山地裁(毎日新聞)

 06年に愛媛県松前町の男子高校生(当時16歳)が暴行を受けて死亡した事件で、高校生の遺族が「県警が誤った説明を報道機関にしたため名誉が傷つけられた」として、県に謝罪広告と慰謝料など690万円を求めた裁判の判決が14日、松山地裁であった。山本剛史裁判長(代読・濱口浩裁判長)は原告の訴えを一部認め、慰謝料33万円の支払いを命じた。謝罪広告は棄却した。

 訴状などによると、高校生は06年8月11日、松山市内で、元少年(当時18歳)から一方的に顔や腹部をけられるなど暴行されて死亡した。県警松山南署が「けんかの結果負傷し、死亡した」と発表し、その内容に基づき新聞各社が報道したため、「誤った発表で死者の名誉が棄損され、遺族の人格権も侵害された」と主張していた。

 傷害致死罪に問われた元少年は、刑事裁判で一方的な暴行を認定され実刑判決が確定している。【柳楽未来】

【関連ニュース】
ネット名誉棄損訴訟:接続業者にも開示義務 最高裁初判断
2ちゃんねる名誉棄損:原告、元管理人の印税から賠償金
名誉棄損:ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める
名誉棄損訴訟:大学教授勝訴確定 セクハラ認めず 最高裁
八百長疑惑裁判:賠償を3割以下に減額 東京高裁判決

「市議は楽な商売」阿久根市長が市広報紙で(読売新聞)
小沢幹事長 両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)
菅財務相「小泉さんも逃げた」 消費税引き上げ(産経新聞)
<火災>放火か 東京・足立2人死傷(毎日新聞)
2億円強奪2被告認める 現送車襲撃初公判(産経新聞)
posted by スギザキ モトハル at 10:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

車両火災 危険なライター 意図せず着火、08年61件 (毎日新聞)

 2日夜に北海道厚沢部町で乳幼児4人が死亡した車両火災は、5日までの北海道警江差署の検証で、車内に残されていたライターが何らかの原因で発火した可能性が高まっている。道内では09年、440件の車両火災が起きており、全国の1割近くを占める。火遊びや放火などのほか、ライターがドアなどに挟まって気付かないうちに出火するケースもあり、消防は注意を呼び掛けている。

 総務省消防庁の統計(速報値)では、09年の国内の車両火災は5325件で、総火災件数(5万1124件)の約1割。道内は440件で総件数(2345件)の約2割を占めており、都道府県別では東京に次いで2番目に多かった。道によると、車の保有台数が多い(全国6位)ことや、発火物を巻き込みやすいゴミ収集車の運行台数が多いことが背景にあるという。

 マッチやライターが火元となったケースは、08年で全国191件(09年は調査中)。4日に宮城県柴田町のスーパー駐車場で3歳と1歳の姉妹が乗った車が全焼したケースでも、車内にライターがあった。押すだけで着火する電子式ライターがドアなどに挟まって火が出ることもあり、08年は約3割の61件が意図しないライターの出火だった。

 一方、乗用車のシートなどには道路運送車両法に基づく保安基準で「1分間で10センチ以上、火が広がらない」といった耐火性の規定がある。しかし紙くずなどが近くにあれば大規模火災になりかねず、札幌市消防局によると「出火から数十分で全焼することもある」という。厚沢部町の火災でも、ガソリンタンクに引火しなかったにもかかわらず、約30分間で手が付けられないほど火が回ったとみられている。

 また車両火災は建物よりも空間が狭いため「煙が充満するのが早く、一酸化炭素中毒になりやすい」(消防関係者)リスクもある。車両の構造に詳しい「くるま総合研究会」の相川潔代表は「車のシートは『難燃性』。不燃物ではないので一般の人が想像する以上に燃える。ライターや燃えやすいものを置かないことが肝心だ」と警告する。【金子淳、久野華代】

【関連ニュース】
北海道4児死亡:車内からライター部品 死因は焼死
北海道4児死亡:車内に使い捨てライター、紙に引火か
火災原因:ライター火遊び4割が子ども 消費者庁など調査
火災:車全焼、中にライター 両親買い物中、姉妹無事−−宮城

改正貸金業法 健全な借り手への配慮を(産経新聞)
<恐喝容疑>車に赤色灯付け警官装い 59歳男逮捕 茨城(毎日新聞)
鳩山内閣支持率が急落33%…読売世論調査(読売新聞)
弁護士バー 東京・渋谷に開店へ 接客で法律相談はせず(毎日新聞)
<鹿島市長選>無投票で樋口氏が初当選 佐賀(毎日新聞)
posted by スギザキ モトハル at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。