2010年04月30日

<子どもの貧困>解決に向け全国ネットワーク設立(毎日新聞)

 深刻化する子どもの貧困問題解決を目指す「『なくそう!子どもの貧困』全国ネットワーク」が発足し、25日、東京都内で記念シンポジウムが開かれた。問題に取り組む初の全国組織で、市民ら約370人が参加。政治や行政に貧困対策の充実を訴えていくことを決めた。

 シンポジウムでは、沖縄の福祉関係者が、本土との所得格差などに置かれた子どもたちの現状を紹介し、「自分たちが貧困の中にいることすら知らない」と指摘。不登校経験者が通うフリースクールや、朝鮮学校の生徒も登壇し「自分たちにとっては貴重な学びの場。高校授業料無償化の対象に含めるなど、支援を充実させて」と訴えた。同ネットの共同代表を務める立教大の湯澤直美教授は「貧困を連鎖させない、平等な社会を作っていこう」と呼びかけた。【平野光芳】

【関連ニュース】
所得格差と大学進学率
あしなが学生募金:きょうから全国一斉 /福岡
あしなが学生募金:「教育格差解消を」 あすから全国一斉に実施 /福岡
ニュースプラス:JR不採用問題が政治決着 五十嵐仁・法政大教授の話 /北海道

ホテルに強盗、女性従業員刺す=あごに重傷、6万奪い男逃走−東京(時事通信)
参院選 目標は1000万票集め比例で10議席 舛添代表(毎日新聞)
河村名古屋市長「市議会解散自転車で訴える」(読売新聞)
衆院中選挙区制の復活検討を=舛添氏(時事通信)
元交際相手にナイフ突きつけ15時間監禁容疑 無職の男逮捕 警視庁(産経新聞)
posted by スギザキ モトハル at 02:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。